2019年06月30日

“弱点”は、異業種の手を借りろ!

「街の宅配屋さん」というシステムをご存知でしょうか?

飲食店・個人商店の商品を
酒屋さんのような宅配システムを持っているお店が、
代わりに配達するシステムのことです。

神戸を中心に、京阪神で拡大しつつあります。

宅配を始めたかったお店が、
このシステムを導入することで、初期費用が掛からず、
さらに宅配を維持するための
ランニングコストも不要になります。

宅配の手数料を払うだけで、
売り上げをアップすることができるのです。

宅配を代行するお店は、手数料が入ってくる上、
お店のPR機会を増やすことができます。

どちらにもメリットのあるシステムなのです。

こうした“互助”の考え方は、
競争の厳しい社会においては、小さなお店に
不可欠となってくるのではないかと思います。

何でも揃う量販店や
ショッピングモールが増えているので、
小さなお店は“弱点”ばかりになってしまいます。

弱点を自分だけで克服するのは容易ではありません。

自店の弱点を補ってくれるお店に、
手を貸してもらいましょう。

互いにメリットのあることなら、
相手も不安を抱えているので、
きっと仲間になれるはずです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立(その他業種)へ
にほんブログ村


マーケティング・経営ランキング




ignitionp at 09:25│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
コラム

マーケティングコラム
を書いています。

佐藤きよあきの書籍



おすすめ情報