信頼

2019年08月20日

忘れてはならない! 「念には念を」。

馴染みの取引先やつき合いのある業者相手には、
「いつも通りの手順」や「口約束」があったりします。

長年の関係によって、“信頼”が築かれているのですが、
経営環境が激変しているいま、
古い商習慣は見直さなければなりません。

ある着物レンタルのお店の話。

成人式の着物レンタルの予約は、
その年の成人式後から始まります。

人気のある柄を予約したい女性が、
1年前からお店に殺到するのです。

レンタル屋さんは、この時期が勝負となります。

このお店も先行予約のキャンペーンを組み、
DM3000部を用意し、配送業者に依頼していました。

ところが、キャンペーンが始まっても、
お客さまが来ません。

いつもの10分の1以下。

その理由もわからないまま、
10日ほど過ぎた頃に、配送業者から連絡が。

「バタバタしていたので、配送を忘れた」。

あり得ない出来事に、店主は唖然。

損害賠償を求めたのですが、
「印刷に掛かった費用は弁償するが、
営業の損害は弁償できない」という返事。

現在、訴訟の準備をしていますが、
法律的にはDMと売り上げの関連性が立証しづらく、
認められても全額弁償の可能性は低いと言います。

この配送業者に全面的な非がありますが、
発送予定前や後に確認をしておかなかった店主にも、
若干の手落ちがあると言わざるを得ません。

世の中全体で、責任感が希薄になっています。

「念には念を」の心がけが大切なのです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立(その他業種)へ
にほんブログ村


マーケティング・経営ランキング




ignitionp at 14:27|PermalinkComments(0)

2019年06月02日

業界情報を流せ!

「名品2品で 圧倒的! 潤ったツヤ肌へ」
「おしゃれ心をくすぐる フェンディに夢中!」

など、消費者の興味を掻き立てるフレーズが、
ネットや雑誌には氾濫しています。

それを魅力的だと感じる人もいれば、
売るための策略だと捉える人もいます。

疑って掛かる人は、それがメディアによって
創られた言葉だとわかっているから、
信じることができないのです。

そんな人たちを買う気にさせるには、
どうすれば良いのでしょうか。

ひとつの方法として、
もっと“真実味”のある情報を流すことが考えられます。

消費者が信じてしまう情報発信源はどこか?

それは、『新聞』です。

最近は、適当な記事も多くなりましたが、
まだまだ信頼されているメディアであることに
変わりはありません。

新聞に記事として取り上げられることが、
もっとも効果的な販促となるのですが、
それは個人商店が容易にできることではありません。

なので、お店で扱っている商品が掲載されている
新聞記事を探し、お客さまに見せるのです。

しかし、一般紙や経済紙には、扱う商品の情報が
都合良く載っているわけではありません。

そこで、業界新聞の中から探すのです。

さまざまな業界新聞があり、
勉強熱心なあなたも購読していると思います。

そこには、質の良い商品の話や
流行の最先端の情報が掲載されています。

その中から扱っている商品の情報を抜き出し、
POPを作ったり、拡大コピーのパネルを
お店に掲示したりするのです。

売るためだけに作られたフレーズではなく、
信頼できる“新聞”の情報なので、
お客さまは安心して買うことができます。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立(その他業種)へ
にほんブログ村


マーケティング・経営ランキング




ignitionp at 08:49|PermalinkComments(0)
コラム

マーケティングコラム
を書いています。

佐藤きよあきの書籍



おすすめ情報