常連さん

2019年07月28日

お客さまとの共通項を探れ!

お客さまがお店に関心を持つのは、どんな時でしょうか。

魅力的な商品がある。
欲しいモノが揃っている。
安い。
お店の雰囲気が好き。
店主に親しみを感じる。

さまざまな要素がありますが、
もっとも重要なのは商品です。

商品価値が高いほど、常連さんへと繋がります。

お客さまに好まれ、長年に渡って利用してもらえます。
言わずもがなのことですが。

しかし、「お客さまに愛されているか」
と問うと、どうでしょう。

お客さまと気軽にあいさつができていますか。

無駄話ができる関係ですか。

本気で笑い合っていますか。

こうしたことができていないなら、
お客さまに愛されているかは疑問です。

やはり、お客さまに愛されてこそ、
永続できるお店になれるのです。

愛されるためには、
人と人としてのおつき合いが大切になります。

お互いが親しみを感じているかどうかです。

店主であるあなたのことを、
お客さまはどれくらい知っているでしょうか。

あなたは、お客さまの家族のことなどを
知っているでしょうか。

商売を長く続けるには、
魅力的な商品だけではダメなのです。


お客さまと親しくなるには、お客さまのことを知る前に、
あなたのことを知ってもらうことが重要です。

出身地、年齢、家族、趣味、血液型、ペット、
観ているテレビ番組にいたるまで、
あらゆる“あなた”をお客さまに知らせるのです。

名刺やチラシ、ニューズレター、ポスターなど、
お客さまと接する機会を最大限に活かしてください。

こうした個人的な情報を流せば、
それを眼に留めたお客さまは、
自分自身との共通項を見出し、
親しみを感じてくれるようになるのです。

すなわち、コミュニケーションのキッカケとなります。

そこから親しくなっていけば、
常連さん以上の存在となります。

お店の財産、そしてあなたの財産となっていきます。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立(その他業種)へ
にほんブログ村


マーケティング・経営ランキング




ignitionp at 10:08|PermalinkComments(0)

2019年06月16日

お客さまとともに成長しろ!

お店のコンセプトはひとつ。

商品の方向性もターゲットも決まっていて、
“やるべきこと”をしっかりとやっていれば、
繁盛しているはずです。

しかし、時が流れて10年後はどうでしょう。

常連さんだった方たちも歳を取り、
その志向も変わってきているのではないでしょうか。

普通に考えれば、コンセプトに合う、
新しいお客さまを獲得する方法を模索するところです。

常に新規顧客を獲得し続けなければならないのが、
商売の宿命だからです。

ですが、これまで常連さんでいてくれたお客さまが
離れていくのを黙って見ているわけにはいきません。

長いおつき合いで、
友だちのような関係だった方も多いはず。

同じ場所、同じ時間を共有した、仲間たちです。

お店も店主も、お客さまとともに歳を取ってきたのです。

この関係を断ち切らないためには、
常連さんの“変化”に合わせた品揃えを
心掛けると良いでしょう。


女性雑誌は、年代に合わせて発行されています。

たとえば小学館なら、
「Cancam」→「Anecan」→「Oggi」→
「Domani」→「Precious」。

「Cancam」でファッションを学んだ若い女性は、
歳とともに「Anecan」「Oggi」……へと、
移っていくのです。

同じ小学館の雑誌を読み継ぐ人は結構いるものです。
言わば、小学館の常連さん。

小学館は、常連さんを引き留めるために、
年代別の雑誌を発行しているのです。

お店でも同じ手法を取ってみてはどうでしょう。

年代別の支店を持つのも方法ですが、
容易なことではないので、
常連さんの年代に合わせた品揃えをするのです。

つまり、常連さんの歳とともに、
品揃えも変えていくということです。

そうすれば、お客さまが離れていくこともなくなります。

お客さまとともに成長するのです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立(その他業種)へ
にほんブログ村


マーケティング・経営ランキング




ignitionp at 09:22|PermalinkComments(0)
コラム

マーケティングコラム
を書いています。

佐藤きよあきの書籍



おすすめ情報