購買意欲

2020年02月11日

“こじつけ”の販促力を磨け!

不況から脱していないにも関わらず、
お正月やお盆には、旅行や帰省をする人が増えています。

経済的に厳しい状況であれば、
遠出を控えるのではないかと考えてしまいますが、
実際には逆の現象が起きています。

人びとは、日常的に節約志向で生活しているので、
どこかで発散したくなります。

節約して残したお金を
“遊ぶこと”に遣いたくなるのです。

消費は、現代人にとって“欲求”なのです。
お金を遣うことが楽しいのです。

しかし、無駄遣いはしません。

遣うための明確な理由が必要なのです。
自分が納得しないと遣わないのです。

ならば、
「納得できる理由」を提案してあげれば良いのです。

お金を遣っても良いと思える理由です。

それは、「必要でしょ!」ではなく、
「これがあったら、楽しいですよ!」という提案です。

最近、「お盆玉」が流行りつつあるのをご存知ですか。

お正月の「お年玉」と同じで、
お盆に子や孫にお小遣いをあげることです。

特に、おじいちゃん・おばあちゃんから、
孫に渡すことが多いようです。

おじいちゃん・おばあちゃんにとって、
孫の笑顔を見るのは至上の喜び。

お正月や誕生日、こどもの日、クリスマス、孫の日など、
チャンスがあれば、孫を喜ばせようとします。

そのチャンスがひとつ増えたのです。

商売人としては、このチャンスを逃すことはできません。

“便乗”で良いのです。

自店の商品と子どもを無理やりこじつけてでも、
アピールするのです。

孫が喜びそうなことなら、何でも構いません。

それが、おじいちゃん・おばあちゃんの
購買意欲を刺激すれば良いのです。

お金を遣う理由になれば、買ってくれるのです。

お盆玉に限らず、
“キッカケ”になる行事や事象を探せば良いのです。

お盆玉のように、
新しい習慣を作り出しても良いでしょう。

人びとは、お金を遣いたいのです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立(その他業種)へ
にほんブログ村


マーケティング・経営ランキング




ignitionp at 09:31|PermalinkComments(0)

2019年11月19日

“笑ってしまう売り場”を作れ!

必要に迫られた買い物は、楽しくもなく、
購買意欲も湧きません。

できるだけ安く済ませたいという心理が働き、
節約モードになります。

価格や機能といった“実質本位”で選ぶので、
お店としても衝動的な贅沢買いは見込めません。

お客さまにお金を遣ってもらうには、
「楽しい」「面白い」といった、
レジャー的な要素が必要なのです。

人は、気分の高揚する場所にいると、
節約意識が薄れます。

「いいなぁ!」と感じたものは、
「買ってしまえ!」となるのです。

旅行先で散財してしまうのも、この心理が働くためです。

ならば、楽しくて、面白くて、「買ってしまえ!」
となるような売り場を作れば良いのです。

たとえば、ヴィレッジヴァンガード。

品揃えの面白さだけではなく、
商品を紹介するPOPが楽しいのです。

つい読んでしまうフレーズが、
お客さまを笑わせてくれます。

あるスーパーでは、
鮮魚売り場に巨大なタコやエビの模型が並んでいたり、
精肉売り場では、巨大な肉の塊が
火の上で回転するオブジェがあったりします。

天井には、クジラが張りついていたり、
飛行機が飛んでいたりもします。

まるで、アミューズメントパーク。

子どもたちはもちろん、大人もそこにいるだけで、
楽しい気分になれます。

「また行こうよ!」と、
子どもにせがまれるのは間違いありません。

お店の内外装や陳列、POPなど、そのすべてにおいて、
楽しい・面白い演出をほどこせば、
そこは買い物をする場所から、
“遊びの場”へと生まれ変わります。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立(その他業種)へ
にほんブログ村


マーケティング・経営ランキング




ignitionp at 14:18|PermalinkComments(0)

2019年08月06日

『何、それ!?』ネーミングで、注目を集めろ!

「ボルガライス(洋食)」「ゴリラのはなくそ(菓子)」
「馬のくそだんご(菓子)」「モヒカン娘(日本酒)」
「イギリスフレンチトースト(パン)」
「インドの青鬼(ビール)」。

『何、それ!?』と、驚くような商品名ばかりです。

この名前を見たお客さまは、
どんな商品なのかがまったく想像できないため、
“失敗ネーミング”だと感じるかもしれません。

しかし、お客さまの好奇心は旺盛。
気になって仕方のない状況に追い込まれます。

どんな商品なのか、非常に知りたくなります。

また、メジャーなメーカーの商品ではないので、
できることなら手に入れておかないと、
次の機会はないかもしれないと感じるのです。

つまり、購買意欲へと変わっているのです。

それだけではありません。

『何、それ!?』は、メディアの大好物。
取材対象として、選ばれやすくなります。

メディアに取り上げられると、
後は想像を遥かに超える反響で、
忙しい日々が続くようになります。

ネーミングとは、それほど重要なものなのです。

自社商品がないという場合は、
『何、それ!?』キャッチフレーズを
作ってみてください。

敢えて、「何のこと?」「どういう意味?」
というフレーズを作るのです。

すると、お客さまが考え始めます。

この時点で、すでに
『何、それ!?』のマジックに掛かっています。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立(その他業種)へ
にほんブログ村


マーケティング・経営ランキング




ignitionp at 08:39|PermalinkComments(0)
コラム

マーケティングコラム
を書いています。

MAG2NEWS
佐藤きよあき


佐藤きよあきの書籍



おすすめ情報